広島市の交通事情について

中国地方の中心都市である、広島市の交通事情について、解説します。

まず鉄道についてですが、ほかの地方から訪問するときには、まず新幹線を利用することになると思いますが、その到着駅でもある広島駅ですが、そこから市の中心部に手軽に行けるだけの距離ではないのです。よって中心部に行く場合や、各観光名所に訪問する際には、路面電車かバスを利用することになります。特に地形的な問題もあり、路面電車は全国的にも最も充実した路線網を誇っており、市の中心から観光地として有名な宮島までいけるようになっているのです。

またデルタ地帯に作られた都市ということもあり、地下街がかなり少なく、地下を走る電車も少ない距離しかないのです。この地下を走る電車はアストラムラインと名付けられ、主に市の中心部と郊外の新興住宅地を結んでいるのです。

このように路面電車やバスを主に使うことになるのが、重要なポイントになっていますし、住人にとっても重要な生活の足になっているのです。