広島県の気候について

広島県は、西日本の中国地方に位置する都道府県の一つで、瀬戸内海に面している県です。

県庁所在地は広島市で、中国・四国地方で最大規模の都市で、政令指定都市に唯一指定されています。

又、中国地方の5県のうちでも有名な観光地も多く、一番人気のある県です。

県の北部は日本海側、南部は瀬戸内海側の気候とされています。北部は日本海側の影響が強く、雨や曇りの日が多く、冬は雪が降り積雪します。朝がかなり冷え込みが厳しくなります。南部は瀬戸内海の影響を大きく受けています。冬は雪が降ることは少なく、晴天の日が多いです。全般的に春の季節は一年の中で一番気温の寒暖差が激しく、空気も乾燥します。夏はとても暑く気温もかなり上がります。秋が程良く風が吹き、涼しく過ごしやすいと言われています。しかし、県内は全体的に山が多いため、天候の変動は日々激しいです。

世界遺産の「安芸の宮島」に観光に訪れるのは、紅葉も美しく気温も良い秋が良いでしょう。